使用した車を売り渡すさいの手段というと買取と下取りの両方が一般的ですよね。下取りのケースはおニューの所有車をゲットする時にこれ迄のお車を買取して貰うというものです。だいたい販売店が引受けをすることになるので買取額の方はどっちかといえば低目になりやすいです。

一方、買い取りのほうは愛車買い取り専門ショップがしているもので、使った自動車として売却することを前提として買上げの金額を決めるので、意外と高目の買受が期待できるでしょう。何れにしろ中古自動車を売却することであり、売る前に買取金額を決定するための品定めがされることとなります。

評価をして頂くさいに気になるのはリサイクル料です。使った車の値踏みで示される金額というのは自家用車本体のお値段、ユーズドカーについてくる自賠責保険とかリサイクル料といったものをいれた金額の二種類があります。リサイクル料については不要車を購入した時、もしくは「リサイクル料」が未払いのときには車検を通したケースで支払いとなりますので、この先中古自動車を廃車にして処分する際に必要になるシュレッダーダスト、フロン類、エアバッグ類などリサイクルするときの代金ということで使われます。リサイクル料金は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、解体処分する時にJARSから払われるということとなります。

その時の費用は大体、軽自動車で8千円位、国産車の場合は1万円くらい、外国の車ですと1万5千円ほど、そのほかで20000円ほどを納める必要がございます。大半の使用ずみの自動車買い受けの場合、そうしたリサイクル料金を使った車の引き受け額とは別として引き取りされるというような事になるワケですが、リサイクルの料金を含んで買取り値段だというケースも有り、引受けを望んでいる際に前もって確認しておくことが必要です。