使用ずみの自動車の買い取りのお店に値踏みを頼んだものの、ローンを完済できていないなどのケースもあるかもしれません。こうしたケースだと、その売却しようとする中古自動車の持ち主がご本人なのか他の人であるかについて先に確認することが必要です。

実際、所有者についてなにを見たら良いのかというと、「車検証」に記載されているお名前の方がその使っていた車の所有者となるワケです。

今のくるまを買うタイミングで銀行系の割賦払いを契約したのであれば、この「自動車検査証」に書かれている氏名がご自身のお名前となっていると思うのですが、その分割払いを設定したのが信販会社などの場合はお名前がそこの名前になっております。信販系で分割払いを組む場合何故こんな形で信販系の会社を所有権者として登録してるのかと言えば、それは毎月の支払いが滞った時に、即愛車を担保として確保できるようにするためです。

そのような理由で所有権が信販会社になっているケースではそちらのくるまを自分の好きに売り払う事は不可能です。何が何でも売却したいなら支払いをキレイに終わりにするか支払いローンの組み換えによって名義をご自身に変更した後で売り払うことが必要です。とはいえ現実にそうした事が出来るのはその時の手持ちの資金がいっぱいあるケースに限られてしまいます。それでは資金が無いのであればどういったやり方がいいのでしょうか。

こういったケースでは品さだめをおこなってくれた使用ずみの車買取店にワケを話せば、ユーズドカーの買取金額から残りの返済分を完済させ、オーナーを貴方自身の姓名にチェンジして貰うことができるという訳です。手続きに関しても全てにおいて買取ショップにオマカセ可能ですから問題ありません。