古い車の買取り業者に値踏みをしてもらったものの、ローンを払いきれていないなどといった場合もあり得ますよね。そんな際には、買取りしてほしい不要車の持ち主が自分なのか別の人なのかどうかについて第一に確認する事が肝心です

実際、名義はどのあたりを見れば良いのかというと、自動車検査証に記入されたお名前の人がそのマイカーのオーナーとなる訳です。

今のクルマを買う時に銀行が提供しているローン支払いを設定した場合だと、こちらの「自動車検査証」に記載されているお名前が自分の名前になっている訳ですが、その自動車ローンを契約したのがクレジット会社である時には名前がローン会社の記載となる筈です。クレジット会社で割賦契約を組む場合何故こんな風にその会社を所有者として登録してるのかと言えば、その理由としては月賦が滞納したりしたら、直ちにそのお車を差し押さえして確保するためです。

そういった事情により所有者名義が信販会社にあるケースではそちらの所有車を好きなように売却することは無理なことです。どうあれ売却したいなら先ずはローンを残らず終わりにするかローンの組み替えをして所有権を自分の名前に変えた後で売却することが必要です。しかし、現実にこうした事が可能なのはその時点で手持ちのお金がとても多い場合に限られてしまいます。であるならば、資金が足りない場合はどうすることが良いのでしょうか。

そのような場合は、診断をやって頂いた古い車買取り業者にワケを話せば、使っていた自動車の売却額から残った支払い分を支払し、所有者の欄をご本人の名義に変更していただくことができるというワケです。手続きの方も全てをお店の方にオマカセ可能なので安心です。