u-carの買い取りのお店に見たてをお願いしたものの、ローンが払いきれていないなどの事もあるかもしれません。こうした際には、その売ろうとしている使った自動車のオーナーが自分になっているのか誰か別な方なのかを最初に確認する事が必要です

実際に、持ち主に関してどこを見れば良いのかというと、自動車検査証に記入された名前がユースドカーの権利者となるワケです。

今の自動車を購入するときに銀行等が提供する自動車ローンを組んだ時には、この自動車検査証に書かれている名前が自分自身の名前になってるはずですが、分割払いを設定したのがクレジット系の会社だった時には名前が信販会社の記載となっています。信販会社で割賦契約を組む場合何故このように信販会社をオーナーとして記載するのかというと、その答えとしては返済が滞納されたときに、ただちにくるまを差し押さえて確保することを考えている為です。

このような事情から所有名義が信販会社にある場合はそのおクルマを勝手に売ることは出来ません。どうあっても売却したいのであれば先ずは支払いを全部返済するか月賦の組み替えをすることで所有者を貴方の氏名に変えた後で売却をすることが必要です。ですが、実際にそうした事が可能なのはその時点で手持ちのキャッシュが豊富にあるケースに限定されます。じゃあ資産が無いケースではどのようにしたらいいのでしょうか。

そうした場合は、評定をして頂いた使った自動車買取ショップに相談すれば、中古の自動車の買取金額から残りの返済分をまかない、名義人の欄をご自分の氏名にチェンジして頂くことが出来るという訳です。手続きも全部買取り業者にオマカセできますから問題ないです。