ユースドカーを売り払う際の仕方としては下取、そして買取が有ります。下取りのケースはおニューの自家用車を入手する際一緒に今まで乗っていたクルマを買上げて頂くというものです。主としては新車の取扱店が引受をするので買い取り金額としてはやや低目になりがちです。

他方、買取りのほうは不要車買い取り専業店がやっていて、使用していた自動車として店頭に出すことを前提に引き上げの価格を決めるため、意外に高値での買い取りが期待できます。いずれにしても使っていた自動車を買い取ってもらうことであり、売る前に買い取り額を決定するための値踏みが行われます。

審査額をして貰うケースで気に掛かるのがリサイクル料です。使った車の見積りで出してもらう価格としてはその自分の車のそのもののお値段、ユースドカーに附随する自賠責保険とかリサイクル料といったものを含めた値段の二種類が御座います。「リサイクル料」は古い車を入手した時、またはリサイクル料が払われてなかったときには車検の時支払いとなりますので、後に古い車を廃車として壊してしまう場合必要なシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類等々リサイクルする際のコストとして使われます。リサイクル料金はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることとなり、解体する時自動車リサイクルシステムから払われるということとなります。

その場合の費用はだいたい、軽であれば8千円くらい、国産車の場合は10000円程、輸入車等だと約1万5千円、そのほかで2万円位を納める必要性が有ります。たいがいの自動車買い上げですと、こうしたリサイクル料金を使った自動車の買取り金額とは別で引き取られるというようなこととなるんですが、リサイクル代金を入れて見積もり額であるという場合もあり、引受を頼む時にチェックしておくのが大事な事となります。