ユースドカーの買い取りのお店に見立てをお願いしたものの、支払いを完済していないなどのケースもあり得ますよね。そんなケースでは、売却しようとするマイカーの持ち主がご本人なのか別な方であるのかどうか最初に見ておく必要があります。

実際のところ、持ち主に関してどの辺を確認するといいのかと言えば、自動車検査証に載っているお名前の方が不要車のオーナーとなるのです。

車を入手した時点で銀行などの自動車ローンを組んだ時には、こちらの「自動車検査証」に記載されているお名前がアナタの氏名になってるはずですが、分割払いを契約したのが信販会社などの場合だと名前がそこの記載になっています。信販会社でローンを組む場合にどんな理由でこういった形でその会社を持ち主として登録しているのかと言いますと、その理由としては毎月の支払いが滞ったりしたら、速攻で車を差し押さえて確保することを考えているからです。

こうした理由で持ち主名義がローン会社にあるケースではそちらのクルマを自分の好きに売る事はできないのです。とにかく売却したいならまず支払いを全部支払するか月賦の組み替えをすることで名義人をアナタの名前に変更した後で売却をすることが必要です。さりとて現実にこんな手続きができるのはその時点で持っているキャッシュがたくさんあるケースに限られてしまいます。だったら資産が無いならどんな方法を取るのが良いのでしょうか。

こんな時には見立てを行ってくれたu-car買取り業者に話してもらえると、使っていた車の売却額から残った返済分を支払し、所有者の欄をご自身の名義にチェンジしてもらうことができるというワケです。手続きも全てを買い取り専門店に任せることが可能なので問題ありません。