マイカーの買取店に評定をお願いしたものの、分割金を残したままであるなどといった場合もあるかもしれないですね。そのような場合は、その売却希望のユースドカーの所有者が自分になっているのか他の方であるのかを先にチェックしておくことが必要となります。

実際のところ、オーナーが誰なのかはどれをチェックしたら把握できるのかといえば、自動車検査証に記載されている氏名の方が中古自動車の持ち主となります。

今の車を買う際に銀行等が提供する割賦払いを契約した際は、この「車検証」に書かれている名前がアナタの氏名になっているのですが、ローンを設定されたのが信販系の会社などの場合は氏名が信販会社の名前となる筈です。クレジット会社で割賦契約を組む場合何故このような形でその会社をオーナーとして登録してるのかと言えば、その答えとしては毎月の支払いが止まった場合、すぐにおクルマを担保という形で確保することを考えているからです。

そのような訳で所有権がローン会社にある時にはそちらのくるまを好き勝手に売ってしまう事は不可能です。どうあっても売ってしまいたいならまずは支払いを全て終了させるか分割払いの組み替えをして所有権者をご自身に変更した上で売り払うことが求められます。しかし、実際にそうした事が可能なのは今お手持ちのお金が余りある時に限られてしまいます。であるならば、お金がない時はどのようにするのがいいのでしょうか。

こういった時には評価を行ってくれた不要車買取専業店に訳を話せば、ユーズドカーの買取金額から残りの支払い分を完済し、所有者の部分をご自身の名義に変更して貰うことが出来ます。手続きについても完全に買取店にオマカセ可能ですから安心です。