使った自動車を売却する際のやり方といえば買取と下取りというのが一般的ですね。下取りの場合というのは新しい自分のクルマのを入手すると一緒にいままで乗っていた使用ずみの車を買上げて頂くというものです。殆どは販売店が引取りをすることになるため価格はどっちかといえば低くなることが多いです。

もう一方の買取のケースは不要車買い取り専門店がするもので、中古自動車という名目で販売することを予定して引き取りの金額を決めるため、割と高額な買い上げが望めます。何れにしろお車を売却することであり、引き取ってもらう前に買上げ額を決定するための格付けが行なわれるわけです。

診断を行う場合気になるのがリサイクル料となります。使っていた車の審査額で提示されるプライスというのはそのくるまそれ自体の額、自動車に付いてくる自賠責保険とかリサイクル料というものを入れた価格の2種類がありますあります。リサイクル料に関してはその古い自動車を入手した際、又はリサイクル料が払われてなかったときには車検の時に支払いになりますので、先々マイカーを廃車にして処分する際に必要なエアバッグ類、シュレッダーダスト、フロン類などをリサイクルする為のコストという名目で使われます。リサイクル料はJARS(自動車リサイクルシステム)に預けることになり、処分する場合に自動車リサイクルシステムから払われることとなります。

その時の費用はだいたい、軽自動車なら8000円程、国産自動車で1万円位、外国製自動車の場合1.5万円位、そのほかで2万円くらいを入金する必要があります。たいがいの自動車引き取りだと、これらのリサイクル料金を使った自動車の買受け金額とは別ということで引受けされるというような事になる訳ですが、リサイクルの料金を含めて引受け額となっている場合も有り、買い取りを頼む場合に確認しておくのが大切なこととなります。