使用済みの車を売りわたす場合のやり方といえば下取、そして買取というのが存在しますね。下取りのケースはおニューのくるまを手に入れる時に今までのu-carを引受けして貰うというものです。主には取扱店が引き取りをするため金額のほうは割と低目になりがちです。

他方、買取の場合には不要車買い取り専門店がやっていて、ユースドカーという名目で店頭に並べることを前提に引き取りの額を決めるため、割合高めの買取りが期待できるでしょう。どちらにしてもu-carを引き上げてもらうことであり、引き取ってもらう前に買取り価格を決定するための値踏みがおこなわれることとなります。

査定をおこなうさいに気になるのがリサイクル料となります。使っていた自動車の品評で出してもらう額というのはその中古車そのもののお値段、所有車に附随する自賠責保険やリサイクル料といったものを含めた額の二つの種類があります。「リサイクル料」はユースドカーを手に入れた際、又はリサイクル料が未納のケースでは車検を受けたケースで支払われるもので、将来、クルマを廃車として壊してしまう場合に必要なエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等リサイクルする時の費用という名目で使用されます。「リサイクル料」は自動車リサイクルシステム(JARS)に預けることになり、処分する際にJARSから払われるということになります。

その場合の料金は、軽で8千円位、普通車で約1万円、外国製自動車ですと1万5千円位、それ以外で2万円位を入金する必要性があったりします。多くの使用していた自動車買受けですと、こうしたリサイクル料を使っていた自動車の買い取りプライスとは別個で買取られるというようなことになる訳ですが、リサイクル代金を含めて評定プライスとなってる場合も有り、引受を望んでいる際にチェックしておくということが大事な事となります。