ユーズドカーを売り渡すさいの方法には下取りと買取りの2つが存在しますね。下取のケースというのは新しい車を手に入れると同時にいままでお乗りの不要車を引き受けてもらうというものです。殆どは新車の販売会社が買取をするためプライスはどっちかというと低価格になるケースが多いです。

一方、買取りの場合には愛車買取専門ショップが行っているもので、使用ずみの自動車という名目で販売する事を前提に買い受けの値段を決めるので、どちらかといえば高額な買上げが望めます。いずれにしろ中古自動車を引き受けてもらうことであり、売る前に引き受け金額を決定するための見たてが実施されます。

審査額をして頂く際に気になるのが「リサイクル料」です。使った自動車の査定で提示される値段としてはそのクルマそのものの価格、マイカーについてくる自賠責保険やリサイクル料等々いれた値段の2種類がありますあります。リサイクル料についてはマイカーを買った際、もしくは「リサイクル料」が払われてなかった時には車検の時支払いとなるもので、先々中古の自動車を廃車にして処分するさいに必要となるエアバッグ類、フロン類、シュレッダーダスト等々リサイクルする際のコストという名目で使われます。「リサイクル料」はJARS(自動車リサイクルシステム)に預け入れることとなり、解体処分する時に自動車リサイクルシステムから支払われるということになります。

その際のコストはだいたい、軽自動車だと8000円くらい、国産車の場合は1万円ほど、外国製自動車ですと1万5千円位、そのほかで約2万円ほどをいれる必要があったりします。大半のu-car買上げだと、そういったリサイクル料を不要車の引き上げ額とは別ということで買い取りされるというような事となるのですが、リサイクルの代金をいれて引受プライスとしているケースも有り、見積もりを依頼する場合に前もって確認しておくということが大切なこととなります。